sowakaな毎日

THE COAST OF UTOPIA


e0159865_150567.jpg


久々の観劇は,初めてのBunkamuraで。
3部構成でトータル10時間(!)の公演。
お昼前にシアター入りして,出たときには夜の10時半を過ぎてました。
演出は蜷川幸雄。
主演の阿部寛をはじめ,キャスト陣もとても豪華!

席に着いてまず驚いたのは,ステージの位置。
ステージが真ん中にあって客席に囲まれています。
なので,ステージを挟んで向こう側で見ている客席の人たちと,
向かい合わせでお芝居を見ることに。

もうひとつ,ステージ上に会議テーブルが並んでいて,
私服の全出演者がそこで雑談したりしながら,観客の前で開演を待っていました。
公開楽屋といった感じ!?
そして開演のブザーと同時に,19世紀ロシアへ一気にタイムスリップ!!
開演前にも思いがけない見どころがありました。

実在した19世紀ロシアの思想家たちの話。
歴史的背景を軸に,30年にわたって
人間模様や出来事などが描かれた壮大なストーリーでした。
人物の名前が覚えにくかったり,哲学的なセリフが多いこともあり,
最初は難しく感じて意識が遠のく瞬間が…(爆)
…試験前で超寝不足でした。←言いわけ
その後も度々訪れる睡魔のビッグウェーブ。。^^;

睡魔に苦しむ一方,Ⅱ部,Ⅲ部と進むにつれ,
どんどん作品世界に入り込んでいき,空間に馴染むような感覚が。
長丁場の舞台を共に乗り切る者同士の一体感のようなものを感じました。
会場内の緊張が解けて,堅いストーリーでありながらしばしば笑いが起こったり。
これは,まさに役者さんの力量によるものですね。
カーテンコールでは,キャストの方たちも客席に向かって拍手!
会場全体が「やり遂げた感」に包まれ,心地よい疲労感の中,何とも感動的でした。

それにしても…
製作発表のときから,セリフの長さが話題とはなっていましたが,
ホントにその長さったら!!(特に阿部寛)
ただただ脱帽でした。
女優陣の美しさにもほれぼれ~♪

観劇熱もちょっと上がりそう。
とにかく,次回は“しっかり睡眠をとって臨もう”と堅く誓って帰ってきました。。

[PR]



by sowaka-yoga | 2009-10-02 08:40 | Life

Naoです。ヨガとアロマと日々のこと。
by sowaka-yoga
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧